FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロ電車館 名古屋 赤池

久々の、鉄ブログです。
本日まる八の日、土日エコ切符が使えるため、久しぶりにレトロ電車館へ~。
車なし我が家、行くなら土日(か8日に)。1,2ヶ月に1回くらいのペースで行ってます。
(ふと気付くと、来月からは幼稚園。平日に行けるチャンスは今日くらい。よ~し LET’s GO!!
retro.jpg
先ずはお決まり、赤池駅で地図&景品引換券を。

本日は真っ先に、Nゲージ運転を。何故って、マコの大好きな貨物・桃太郎~!
Ng4.jpg Ng3.jpg
Ng1.jpg Ng2.jpg
お昼をはさんで、EF81、ドクターイエロー、名鉄パノラマスーパー

本日はお昼をはさんで11:30-15:30までいたので、Nゲージが入れ替えもあり、たくさん運転できました。
だいたい3時間で機種を交代するそう。
もちろん、保存されている地下鉄にも、ノリノリノリノリ乗り放題~♪
retro4.jpg   retro5.jpg
retro8.jpg   retro6.jpg
こちらの電車、あたりまえですが、かなり保存状態がよく、運転席のレバーもするする動く。
まるで運転士さんやね。かと思えば、出入り口を開け閉めして「お乗りの方はお急ぎくださ~い」って車掌さんきどり。
retro7.jpg

そういえば、展示が少しだけバージョンアップ。
retro1.jpg
レールの持ち上げができたり、写真台が設置されていたり。
車輪や、電気集積?用のレールも間近で見ることができます。
retro3.jpg

そうして今回は、来館者が私立ちだけの時間もあったので、気になっていたことを聞きました。
それは・・・
「日進と赤池の間の鶴舞線の整備工場に桜通線がいることってあるの?」
以前、鶴舞線に乗った時、マコが電車内から見つけて、教えてくれたのですが私には見えず…
「気のせいじゃない?」
「ちがう!絶対いた!車庫に入っていた!!」
が、帰りに観てみるも、もうすでにいなくて分からなかったのです。。。

係の方曰く
「お母さん!そりゃ、お母さん間違い!すごいね~、マコくん。みたの?!
いるんだよ~。いつもは桜通線の車庫で点検するのだけど、3ヶ月に1度地上に出て、検査するんだよ。」
「どうやって、桜通線から鶴舞線に入るの?」
「丸の内で、秘密の通路があるんだよ。そこを上がってくるのさ」
「見てみたい」
「運転士さんになったらね~」
と。もともと整備士さんだったらしく、
点検についてかなり詳しく教えていただきました。
地下の車庫だけでは詳細な点検ができないこと。3年に一度、10人くらいで数日間点検するのは必ず地上で。
そして
ハッチーキッズクラブに入って見学に来たらいただける冊子まで…!(←小学4年生以上むけ)

ついでに、絵本 地下鉄のできるまで


でメガネ型トンネル(シールド工法)と四角いトンネル(掘削工法)について知り、
これまたマコは「名城線にはどっちもある!」と言っていたけれど、栄に行っても四角いトンネルばかり。ちがうんじゃない~?と言っていたら、本日、砂田橋から名古屋大学まではメガネ型トンネルと分かり
「ね、マコがママに教えたかったのはこれなの~!」
お、恐るべし、乗り鉄・・・。母はいままで、トンネルの形なんて気にしながら乗ったことはなかったよ・・・。
おじさんに、地下鉄のメガネ型トンネルと四角いトンネルの境が見られる場所を聞いていたら以下も豆情報。
・地下鉄は新しい順に下にできる。
・駅が四角いのは当たり前。上に建物を作る。てことは、建物がないから
・道路の上が昔からの建物が多かったところがシールド工法

などなど~。
う~む、マコ大満足♪

日頃は、弁当持参で外のベンチで食べてます。
が、本日は、赤池で初外食だったので、ついでに車両基地を地上からも見てきました。
300mくらい歩けば、橋の上から車庫全体を見ることができます。(写真忘れ)
車庫の中で、屋根を取り払って、車輪の点検しているのも見えたそう(母目が悪くて見えず)
retro2.jpg


今日も1日楽しかったね~。
この施設が無料なのは、本当にありがたい~!
名古屋市近郊の鉄こどもを持つ親御さんにはおススメです♪

にほんブログ村 トラコミュ 「でんしゃ」大好き!へ
「でんしゃ」大好き!


にほんブログ村 トラコミュ **男の子のママ・パパ**へ
**男の子のママ・パパ**

あ、もちろん定番のぺーパークラフトもゲット。
この大量のマコにとっての宝物、どこに、片付けたらいいんだろう・・・。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。